SNSを止めることによるメリットを考えてみる

SNSを止めることによるメリットを考えてみる

SNSで疲れてしまった女性

SNS疲れを起こす人が増えている?

SNSは他の人と簡単につながりを持てるツールとして10~20代など若い世代に絶大な支持を得ています。SNSを利用する人が増えている現代は、常に誰かとつながっていたい、誰かと情報共有していたいという安心感がSNSにはあります。SNS疲れを起こした人の中には脱SNSをした人も大勢いるのです。ここではSNSをやめてよかったことについて考えてみましょう。

 

本当に大切な人間関係だけが残って、人間関係が楽になった

SNSを利用している時には友人関係が非常に広くなってそれが面倒だと感じる人が多いようです。SNSの人間関係は90%以上が義理のようなものと感じている人もいるようです。例えばフェイスブックで学生時代の友人、会社の同僚などたくさんの人とつながっていればいるほど、みんなに発信したい情報がなくなり、そのままSNSを利用しなくなったという人は多いようです。SNSをやめても連絡を取り合う人はSNS以外に直接ラインやメールが来ますし、電話でもできます。つまり大切な人間関係が途切れるということはないのです。

 

ムダな時間が減って、時間の有効活用ができるようになった

SNSを利用していると、携帯ばかりを見てしまい、いつでもどこでも携帯に依存してしまうようになります。例えば誰かと遊んでいる時や食事をしている時でも携帯が気になってしまう。SNSを見ておかなければおいて行かれるような気分になる人もいるようです。1日に何時間もSNSにさいているため、趣味の時間などを持つことができなくなる人もいます。SNSを思い切ってやめればSNSに費やしていた時間を別のことに使うことができますので、効率よい生活をすることができます。

 

余計な情報を知らなくなった

SNSを利用していると知らなくてもいい情報まで入ってきます。知らない情報を知ってしまい、イヤな気分になることもあるのです。しかしSNSを辞めれば余計な情報を知りえなくなるので、心が楽になるでしょう。

 

最後に

以上、簡単にですが、SNSを止めることによるメリットを考えてみました。今や情報化社会になっていて、とにかく情報も何もすべてがすごいスピードで動いています。時間がない現代人にとって「やらなければならないことは何か?」逆に「止めるべきことは何か?」をしっかりと見極めることが非常に重要になってきているのではないでしょうか?

SNSでのママ友トラブル

SNSでのママ友トラブル

いいね!の写真

SNSを通して恋愛関係がこじれたり、友情関係にひびが入ったりするトラブルが多発しています。またSNSによる浮気が原因で離婚問題に発達することもありますし、社会的地位が失われてしまうこともあるのです。数あるSNSのトラブルの中でもママ友同士のSNSトラブルについて紹介していきましょう。

 

日常を監視しやすいSNS

専業主婦や在宅で仕事をしているママは自宅にいる時間、拘束される時間が長くなるので、SNSを利用することも多くなります。SNSは簡単にちょっとした時間で投稿したり、他の人の投稿を見たりすることができます。しかしその反面、他の人がどのようなことをしているのかなど日常を監視しやすいのがSNSなのです。ママ同士でSNS上で友達になってつながりができると、他のママ友の動向を常に監視するようなママ友が出てきてしまうことがあります。本来であれば知りえる情報ではなきのに、SNSを通して知ってしまった情報に対して嫉妬するママ友もいるのです。またママ友によっては悪い噂を流すような人もいるのです。子育て中の息抜きで始めたSNSがママ友の監視や嫉妬が原因で精神的に疲れてやめてしまうこともあるようです。

 

写真に敏感なママ友もいる!

SNSに写真をアップする人は多いでしょう。スマホでとった写真を簡単にアップすることができますし、アップすると「いいね!」とすぐにリアクションしてくれたり、コメントをくれたりするので利用しているママ友も多いでしょう。みんなが反応してくれることが嬉しくて毎日写真をアップする人もいます。写真をアップすることが中毒かしているママもいるのです。しかしママ友やそのママ友の子供が映っている写真を利用する時には気をつけなければいけません。防犯の観点から個人情報漏えいなどに対して敏感に感じているママも多いのです。勝手に写真をSNSにアップされたといってクレームを言うママ友もいますし、トラブルの原因になりやすいので注意が必要です。

よく分からないIT業界用語とは?

よく分からないIT業界用語とは?

ITのイメージ

IT業界には特有の用語があります。IT業界以外で働く人にとっては何のこと?!と理解できない言葉も多いですが、実際にIT業界で働いている人でも実際には言葉の意味をよく分かっていないという人もいるようです。今回は誤解を招きやすいIT業界の用語について説明しましょう。

IT用語とは

 

ホゲるとはどういう意味?

ホゲるとはhoge のことであり、このhogeはプログラミングをする際に関数名などの用いられる表現になります。このhoge自体には意味はないのですが、任意の言葉に置き換えてよいと明示する時に用いられています。例えば書類記入例の「山田太郎」のようなもの。ホゲるはこのhogeを動詞化したことであり、完璧にではなく、試しにプログラムを書くという意味になります。

 

ハングるとは?

ハングるとはハングアップするという言葉の略になります。ハングアップとはコンピューターやアプリケーションが停止してしまうことであり、フリーズするという表現は類似しています。パソコンがフリーズする、落ちるなどの表現は比較的よく使われるのでご存知の方も多いかもしれませんが、ハングるに関してはまだまだ知らない方が多いマイナーなIT業界用語と言われています。ハングると聞くと、なんだかハングル語を連想しがちですが、韓国語とは全く関係がありませんので注意してくださいね。

 

サチるとは?!

サチるとはSaturateを省略して動詞化した表現になります。Saturate=飽和するという意味であり、データの処理が限界まで達してしみ、これ以上の解析速度が出ない状態であるということを意味します。また限界を超えた負荷によってシステムがストップするという状態の時にも使用されます。さらにはプロジェクトが収束、終了する時や、今やっている仕事が多くて、新しい仕事にまで手がまわらないなどという表現の時にも使用されるのでその意味はかなり多義的になります。このサチるはIT業界だけでなく、化学や工学の分野でも使用されていた用語になります。カメラ用語としてはサチるは露出オーバーで画面が白くなってしまうことを意味しています。